HMBサプリについての解説

HMBサプリというものが最近良く売れています。

HMBは、必須アミノ酸の一種であるロイシンが体内で作り出す代謝物です。

筋肉の材料といえばタンパク質というのが常識ですが、そのタンパク質は食事で摂取されると、十二指腸でペプチド状に分解され、さらに小腸でアミノ酸に分解されて吸収されます。

アミノ酸には数百以上の種類がありますが、実際に筋肉の材料となるのは20種類。

しかも、そのうちの11種類は、実は直接摂取しなくても体内で合成できます。

残りの9種類は体内で合成できないため、必ず食事で摂取しなくてはいけません。
この9種類のアミノ酸を、必須アミノ酸と言います。

・ロイシン
・バリン
・イソロイシン
・リジン
・メチオニン
・スレオニン
・ヒスチジン
・フェルアラニン
・トリプトファン

この9種類の必須アミノ酸の中でも、必要量が最も多く、筋肉の合成に深く関わっているのがロイシンです。

ロイシンは体内で吸収されると、代謝物としてHMBを作り出します。

HMBは、筋肉の合成シグナルであるmTOR伝達経路を強烈に刺激し、筋肉の合成を促すことがわかっています。

ロイシンのHMBへの変換率は約5%と言われており、10gのロイシンを摂取してもHMBは0.5gしか作られません。

そこで、最初からHMBだけを抽出して濃縮したサプリを摂取するのことで、この筋肉合成シグナルを強力に刺激出来るというわけです。

プロテインではこんな量のHMBはとても摂れないので、筋トレしてもいまいち効果が感じられないという方は、HMBサプリを試してみてはどうでしょうか。

一番オススメのベルタHMBサプリについてはこの記事で解説しています。
https://xn--fdke1a6g.com/HMB/entry339.html