ストレスで太る理由は?

ストレスでなぜ太ってしまうのでしょうか。理由は脳との関係があり、食欲を増幅させてしまったり、抑えられなくなったりしてしまうことがストレスで太る理由とされています。過食や病気になる前にストレスの対策をしましょう。ストレスで太る理由は脳にあり、食欲を抑えられなくなったり、甘いものが食べたくなってしまったりします。ストレスを抱えるだけで、過食で太ったり病気などになってしまうことがありますので、太る前にストレス対策をしていきましょう。ダイエットをしたことがありますか。女性ならば、ほとんどの人が1度くらいはダイエットをしたことがあると思います。ダイエットの基本は、「摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする」ことです。では、食べなければ痩せると思いますよね。しかし、食べなければ必ず痩せるわけではないのです。むしろ、食べないのに太ってしまうことさえあるのです。摂取カロリーが少ないのに太るなど、不思議なことです。そもそも、なぜ「食べてないのに太る」のでしょうか。私たちの身体は、食べる量が極端に減ると、脳が危機感を感じます。すると、なるべくカロリーを消費しないように、脂肪を蓄えておくようにと信号を出すのです。その結果基礎代謝が落ち、少ない食事量でも太ってしまうのです。食べない期間が続くと、脳は「唯一の栄養源」であるブドウ糖を欲しがります。この「ブドウ糖を欲しがる」という点が、ストレスを感じたときに分泌される「コルチゾール」というホルモンと同じなのです。食べていないのに太る原因がストレスと思うのは、これが原因かと思います。ストレスは病気の根本ともいえますので、溜め込まない努力は必要かもしれません。食べていないのに太ってきたという場合には、病院で検査を受けることをおススメします。http://beautifulstory.sakura.ne.jp/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA/%E9%85%B5%E6%B0%B4%E7%B4%A0328%E9%81%B8%E7%94%9F%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88/%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%BD%E3%81%BD%E9%85%B5%E7%B4%A0%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F.html